投資信託とは?


投資信託とはいったい何?

投資信託という言葉は良く聞くけど、いったい何なの?

という方もこの世の中には大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

このページでは、そういった方達の疑問に答えるべくメリット・デメリットを含めてわかりやすく解説します。

投資信託を簡単に解説

投資信託とは、一人一人の投資家から集めたお金をひとつの大きな資金として集約し、投資・運用のプロが資金を増やすための戦略を立ててお金の管理・投入します。
その成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。
投資のプロを“信”用して、お金を“託”す“投資”方法または商品です。
または、多くの投資家から資金を集め、多くの商品に幅広く投資ができます。

投資信託のメリット

①少額から投資可能
株式や債券等金融商品に投資する場合は、比較的多くの資金(30万円~)が必要です。一方で投資信託は、数千円から1万円程度から始めることができます。

②プロが運用
資産運用や投資に対しての理解や知識の取得は、不安や難しいという先入観が妨害することで一層難しいものになっています。
しかし、投資信託は株や債券、その他金融商品に関わる知識が無くても大丈夫です。なぜならば、プロつまり専門家が投資家に代わって戦略を立てて運用を行うからです。
また、個人では難しいといわれている海外の様々な金融商品や一般個人が出会うことがないだろう金融商品への投資もすることが可能です。

③透明性
一般的に毎日、運用結果が確認でき、値動きが分かりやすい金融商品です。また、決算ごとに監査法人などによる監査を受けているため、透明性が非常に高いです。

④安全性
投資信託は元本保証ではありません。市場の動きによって、値動きが生じますので損する場合ももちろんあります。しかし、投資信託にかかわる機関がそれぞれ倒産してしまっても、投資金額にかかわらず法律的に守られています。

⑤分散投資が可能
投資するお金、つまり資産をいくつかの商品に分けてリスクを分散させる、分散投資が投資の基本です。個人で分散投資する場合、多くの資金が必要となります。
例えば、ある株式を購入する場合、最低購入額が設定されており、数万円~数百万円は必要になります。
それゆえ、リスクも大きくなります。
しかし、投資信託は多くの個人のお金を集めてひとつの大きな資金として運用するので、さまざまな商品に分散投資し、リスクを軽減することが可能になります。
投資信託は、そもそもリスクを軽減させる分散投資の考え方を反映させたものが金融商品です。

投資信託のデメリット

様々なメディアのニュースで見られるように、株式や債券の値段は常に変動します。
投資信託はこのような値動きがある商品に投資しますので、元本が保証されていません。
それを踏まえた上で、リスクには次のようなものがあります。

①為替変動リスク
円安や円高によるリスクのことです。
日本円で投資する場合とそれ以外の外国通貨で投資する方法が、投資信託にはあります。
例えば米国ドルで投資する投資信託の場合、円安になればプラスに、一方で円高になればマイナスになります。
外国通貨で投資する場合、外国株式や債券で運用する場合の投資信託には、このような為替が変動するリスクがあります。

②価格変動リスク
株式や債券の価格が変動するリスクのことです。
例えば、株価は売りと買いによって価格が変動します。
つまり、市場における需給によって決定されます。また、国内外の政治や経済、株式や債券を発行する企業の業績により価格自体が変動するというリスクがあります。

③信用リスク
債券や株式は企業だけでなく、国や地方自治体も発行しています。
しかし、企業が業績が悪化した場合、もちろん国や地方自治体も財政難になる可能性もあります。
そうなった場合、利息や配当は受け取れない場合があります。

④金利変動リスク
金利とは、お金の貸し借りの際の利息や利子のこと言います。
この金利が変動することにより価格が変動するものが、債券です。債券とはいわゆる国や地方自治体、企業の借金です。
金利はあらかじめ変動するものなのか、固定されているものなのかは確認できますが、変動金利の場合、債券の価格は金利の上下により変動します。
運用期間が長ければ長いほど、毎年その変動リスクが生じます。